ファイナンス新着記事

【暗号資産】Coincheckのススメ【2021】

ファイナンス
この記事は約4分で読めます。

2017年に起きた『ビットコインバブル』

それを彷彿とさせる2020年~2021年の最高値更新を耳にして、

改めて仮想通貨に興味を持った方も居るのではないでしょうか?

ネット上では「仮想通貨は安全なのか?」という問いを見かけます。

これは持論ですが、投資(投機)に安全なものなんてありません。

だからこそ、ご自身の納得がいく銘柄を調べて買うんです。

そしてブローカー選びも同様です。

今にも潰れそうな会社に投資資金を預ける人なんていませんよね。

今回は東証一部マネックスグループのグループ会社であるCoincheckをピックアップしてご説明いたします。

- 目次 -

  1. Coincheckとは
  2. 特徴
  3. まとめ
コインチェック

Coincheckとは

Coincheckはマネックスグループ株式会社の完全子会社であるコインチェック株式会社(仮想通貨交換業者)です。

2012年に設立された会社でCoincheckというサービス自体は2014年に提供が始まりました。

元々はビットコインの取引所として開設されましたが、

現在ではビットコイン以外のオルトコイン(アルトコイン)も含め15種類の通貨を取り扱っています。


特徴

特徴①:低資産での取引開始が可能

全ての取り扱い通貨が500円から購入が可能で、

ポケットマネーから暗号資産を購入できるんです。

また、口座開設に必要な手順も

  1. メールアドレスとパスワードでアカウント登録
  2. SMS認証
  3. 本人確認

の3ステップで、口座開設後に2段階認証設定を行うので、すぐに取引開始ができます。

すごい時代ですね(笑)

特徴②:満足度の高いアプリの提供

アプリの完成度はとても好評で、2020年12月には国内最大級の326万DLを突破しています。

自己資産額と仮想通貨の値動きがリアルタイムで分かりやすく表示されるので、とても便利です。

個人的には、某大手証券会社が提供しているアプリよりも断然わかりやすいです。

また、各通貨の概要説明を簡単に見る事ができるので、『この通貨のサービスは伸びそうだ!』と思う通貨を初心者の方でも見つける事ができます。

特徴③:様々なサービス展開

毎月発生する公共料金の支払いでビットコインが溜まるのをご存じですか?

そんな夢のようなサービスがあるんです。

Coincheckでんき/Coincheckガスというサービスを活用する事で、

毎月の支払いでビットコインを貰う事ができます。

キャッシュレス化が進む中でもポイント還元というのはよく耳にしますが、

将来性のあるビットコインで返ってくるのは、嬉しいですよね。

特徴④:ユーザー同士のチャット機能

“トレーダーは孤独”と言う言葉を耳にした事がある方も多いと思います。

1人でチャートと睨めっこして、情報収集して、また睨めっこ。

正直、精神的に辛くなる方も多いです。

これはプロトレーダーも同じことです。

なので、株式やFXのトレーダーはコミュニティに参加している人ほど長く続きます。

少し話がそれましたが、Coincheckにはチャット機能があり、「全体チャット」と通貨毎のチャット存在します。

人気通貨のチャットになると、頻繁に更新される上、経験豊富なトレーダーもいたりするので、情報を参考にする事も出来ます。

この機能は画期的っで素晴らしいと思っています。

最近では“サロン”と称したコミュニティも増えているので、もし投資に足を踏み入れるなら、参加してみるのもありですね。

特徴⑤:チャート分析ができない

これはチャートを分析して取引をしたい人には辛いところです、

Coincheckは、ラインチャートとローソク足チャートを見る事はできますが、分析ツールはありません。

仮想通貨でのチャート分析は意味がないという声もありますが、『根拠を持って売り買いしたい!』問い方にはオススメできないポイントになります。


まとめ

総合的にみて、コインチェックは敷居が低く、初心者の方には始めやすい環境が整っていると思います。

『仮想通貨を始めたい』とお考えの方は是非Coincheckを活用してみて下さい。

コインチェック

タイトルとURLをコピーしました