ファイナンス

【必見】話題のXMとは【資産運用】

ファイナンス

コロナショック以降、日本国内では空前の『資産運用ブーム』が到来しています。

なかでも、敷居が低いとされている『外国為替証拠金取引(通称FX)』の新規参入が多くみられ、国内FX取引所も挙ってキャンペーンを設け、顧客獲得に躍起になっている中、海外のFXブローカー『XMTrading』が人気を集めています。

筆者の僕自身もXMで資産運用を開始して、毎月5万~10万円程を安定的に利益を得ています。

では、なぜ国内の取引所では無く、海外の取引所を選ぶのか。

その理由と、口座開設の流れをこの記事にまとめます。

また、FXで継続的にお金を増やしていきたい方は、【安定的に利益を得たい方へだけでもチャックしておいて下さい。

- 本記事のリンク集 -

XMの口座開設=リアル取引口座を開設する

MT4=MT4 / MT5プラットフォーム

VPS=お名前.comデスクトップクラウド

経済指標=経済指標カレンダー|みんかぶFX

住所の英語表記=JuDress


XMとは

XMはセーシェル共和国の金融庁に登録する証券会社(ネット証券)です。

セーシャル共和国を聞いた事のない方も多いと思います。

インド洋に浮かぶ島国で、面積は459k㎡(日本の約1/1000) 

こんなに小さな島国に本社を置くXMですが、国内FX取引所に劣らない『安心・安全』な取引所として認知されています。

コチラがXMのホームページ↓

XM Trading

国内FX取引所の大きな違いとして、口座と取引ツールが分離している事です。

XMは入出金する口座を持つ会社で、取引に使うのはMeta Trader(メタトレーダー)というアプリケーションです。

Meta Traderは世界で最も使用されていると言われるアプリケーションで、PC版とスマホ版の両方で取引が可能です。

XM=取引口座 Meta Trader=取引ツール

このぐらいの認識でOKです。

少しややこしく見えるかもしれませんが、

日本国内のFX取引所と同等以上の安心感と信頼性を持っています

その理由を口座開設のメリットとしてご紹介します。


XM口座開設のメリット

メリット1:レバレッジ

XMのレバレッジ倍率は最大888倍、国内のFX取引所が最大25倍と考えると、とんでもない数値ですね。

メリット2:追証なし(借金リスクなし)

国内のFX取引所では、ポジション維持をするために追加証拠金を求められる事があります。

僕自身もFXを始めたての頃に、国内のFX口座で追加証拠金を振り込んだことがあります。

苦い思い出です…。

ですが、XMにはそのような追証制度がなく、維持できないポジションが発生した時は強制ロスカットしてくれるので、借金を負うリスクがありません。

メリット3:様々なボーナス

XMでは口座開設と入金の際にボーナスを受け取る事ができます。

口座開設時3,000円 入金時 最大500,000円(入金額に応じて変動します。)

国内のFX口座では、一定の取引を行わないとキャッシュバックが発生しませんが、

XMでは取引開始前に証拠金を底上げできるのでありがたいサービスです。

メリット4:国内人気ナンバー1の海外FX取引所

最近ではトレーダーが集まるバー等も増え、投資家コミュニティが身近なものになりつつあります。

先輩トレーダーと同じ口座やツールを使っていると、教えてもらえることの幅も広がります。

自分が使った事のない取引所の扱い方が分かる人なんてなかなかいませんよね(笑)


XM口座開設のデメリット

デメリット1:スプレッドが浮動

国内口座ではスプレッド幅が固定でほとんど動きません。

XMではスプレッド幅が世界情勢や市場の状況によって広がる事があります。

常にトレードしていたい人からすると、少々ネックになります。

ですが、逆を返すと“市場が荒れている状態”が目に見て分かるので、

危険なトレードを避ける目安にもなります。

デメリット2:90日間トレードをしないと口座維持費が発生する

基本的には口座維持費は無料ですが、

  • 口座に残高があり
  • 90日間一度も取引をしない
  • 90日間一度も入出金をしない

上記の3つがそろうと、休眠口座扱いになり、毎月$5の維持費が口座から引かれます。

口座残高があるうちは90日以上放置しない事をおすすめします。

デメリット3:法人口座を開設できない

年間の利益が大きくなる方は、法人を設け節税したくなると思います。

XMでは法人口座の開設が出来ない為、国内FX口座とは違い税金対策を行うことができません。

これは余談ですが、ネット上に“XMやTitanFXを含む5社の海外業者が”Harakiri Project”と称し、日本人ユーザーに対してのみレート操作を行った”という情報が流れ一時騒然としましたが、XMはこれを虚偽の情報として否定しています。

フェイクニュースだった可能性が高いです。


口座開設の手順

それでは口座開設の手順について説明をしていきます。

約3分程で開設が可能です。

国内の口座開設と比べると住所の登録方法や語彙の持つ意味の違いがあり

多少面倒に感じる部分もあるかもしれませんが、

外国のサービスを受ける際には、ほぼ同様の記載方法が必要になるので、

今回の口座開設で慣れてしまいましょう。

1.口座開設画面

下記のリンクから口座開設画面に移動できます。

口座を開設する

2.個人情報の入力

入力例:

下のお名前 :ローマ字表記

ミドルネーム:空白で構いません。

姓     :ローマ字表記

居住国   :Japan

希望言語  :日本語(他言語希望の方は指定してください。)

コード   :+81(日本で使用している電話であれば+81で問題ありません。)

電話    :(例)8012345678(最初の0は省略して入力。)

Eメール   :(例)email@address.com(受信可能なメールアドレスを入力してください。)

※ キャリアメール(@docomoや@i.softbank等)では正常に作動しない事もあるようです、GmailやYahoo!メールをご活用下さい。

3.取引口座の選択

(1)取引プラットフォームタイプは下記の2種類から選択

MT5 = 裁量トレーダー向け。自力のみで資金を増やせる方はコチラを選択して下さい。

MT4 = EA(自動売買ツール)に対応。自動売買を活用したい方はコチラを選択して下さい。

FX初心者の方は、MT4を推奨します。

理由は次項の【安定的に利益を得たい方へで説明します。

(2)口座タイプを下記の3種類から選択

10万円以上の入金予定ならスタンダードタイプがおすすめです。

10万円未満ならマイクロ口座で初めていいと思います。

上記のようになっていれば、次のページに行きます。

4.個人情報(住所等)

次に

下のお名前  =カタカナ表記

姓      =カタカナ表記

生年月日   =日・月・年の順番

住所詳細

都道府県・市 =お住いの都道府県を入力

番地・部屋番号=“ハイフン( – )”で区切る

区町村・町名 =区や市から番地の前までを入力

郵便番号   =郵便番号を数字のみで入力

納税義務のある米国市民ですか?=いいえ を選択

住所の表記が分からない場合は、下記サイトを活用して下さい。

JuDress | 住所→Address変換
JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。

日本語住所を英語表記に変換するサイトです。

5.投資家情報

ラストスパートです。

投資額(USD)   =0 – 20,000

※ 20,001以上にするとレバレッジ888倍が適用されなくなるので、0 – 20,000で始めましょう。

取引の目的及び性質 =該当するものを選択

雇用形態      =該当するものを選択

職種        =該当するものを選択

学歴        =該当するものを選択

所得総額(USD)  =おおよその所得総額で結構です。

純資産       =おおよそで結構です。

6.パスワード

次にローマ字で小文字・大文字と数字を含めたパスワードを決め、

チェックを入れてリアル口座開設をクリック。

口座開設申請が完了すると、登録したメールアドレスに確認メールが届くので、

『こちら』もしくは『Eメールアドレスをご確認下さい』をクリックして口座開設完了です。

7.開設した口座の情報

メールが届くと下記の項目があります。

① お客様のMT4のID:(8ケタの数字)

② 口座情報    :XMTrading-Real 〇〇

これがトレード開始に必要なID利用する口座情報です。

XMTrading会員ページからは資金の入金・出金が可能です。

実際に開設した口座で取引を行う際にはMT4をダウンロードします。

下記のリンクから、必要なプラットフォームをダウンロード可能です。

MT4 / MT5プラットフォーム

Windows・MAC・iPhone・android に対応していますので、

使用するデバイスを選択してダウンロードし、上記の口座情報・ID・パスワードでログインして下さい。


安定的に収入を得たい方へ

海外FX口座の魅力の一つとしてMeta Traderでの取引ができる事にあります。

中でも口座開設時におすすめしたMT4ではEA(自動売買ツール)を活用して、資金を増やすことができるんです。

自動売買ツールは様々で、有料のものから無料のものまであります。

FXというのは、世界情勢で激しく値動きする事もあります。

5年前に利益を得ていたEAでも、現代において利益を得られるかは分からないのが現状です。

EAはあくまでも “プログラミング” なので、為替の急な値動きに対応出来ない事ももちろんあります。

なので予想外の損失を避けるためにも、経済指標は必ず確認しましょう。

下記のリンクがおすすめの経済指標になります。

経済指標カレンダー|みんかぶFX

またEAを使ってみたい方は、ネット上で “EA おすすめ” や “EA ランキング” 等で調べると、最新の自動売買ツールがありますので、ご自身の資金力と相談してツールの選択をお願いします。

EAは常に稼働し続ける必要がありますので、VPSお名前.comデスクトップクラウド等を活用してクラウド上に架空のデスクトップを設け、動かし続ける事をおすすめします。

PCの電源を入れっぱなしにして、週末だげ電源を落とし週明け電源を入れるという方法もありますが、面倒なのでおすすめしません。

EAの稼働だけであれば、少ないギガ数でも問題ありませんので、他サイトなどとも比較してデスクトップクラウドをご活用下さい。

おすすめはお名前.comデスクトップクラウドの1.5GBもしくは2GBです。

ちなみに僕は裁量トレードから始め、資金を溶かして一時退場しましたが、今では自動売買を取り入れ資産を増やしながら、改めてトレードの勉強をしています。

長くなりましたが、XMについてご説明させて頂きました。

今後 “資産運用” はさらなる盛り上がりを見せると思います。

皆様も乗り遅れる前に、まずは始めてみましょう。

本記事のリンク集

XMの口座開設=リアル取引口座を開設する

MT4=MT4 / MT5プラットフォーム

VPS=お名前.comデスクトップクラウド

経済指標=経済指標カレンダー|みんかぶFX

住所の英語表記=JuDress

タイトルとURLをコピーしました